赤ちゃんのミルクを作るのは安全?

赤ちゃんは、内蔵機能が未熟なため、ミルクに使うお水にも注意が必要です。多くのママは、出産後、クリニックや母親教室などで調乳指導を受けてきます。
そこでも、紹介されていることが多いのですが、赤ちゃんのミルク作りには、スーパーなどで販売されているミネラルウォーターをそのまま使用したり、水道水を直接使用することは好ましくありません。
ミネラルが多く含まれていると、赤ちゃんに負っては過剰摂取となってしまうので、内蔵への負担が大きくなってしまいます。
また水道水は、消毒された状態になっているので、一度煮沸を行う必要があったり、ママへの負担が大きなものになってしまいます。赤ちゃん用のお水も販売されていますが、割高なのでランニングコストを考えると、購入し続けることが出来ない場合もあります。
このような問題を解決できるのが、ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーのお水は、メーカーごとに処理の仕方や、軟水・硬水とお水の硬度がことなります。赤ちゃんには軟水でミルクを作ってあげると良いでしょう。
また、重いボトルは無料で宅配されるので、小さな子供や赤ちゃんのいる家庭でも、手軽に利用することが出来るというメリットがあります。
調乳にも安心して使えるので便利です。

天然のお水が飲める

ウォーターサーバーから出てくるお水は、天然水をきれいな状態に処理をしたものです。天然の栄養だけでなく、不足しているミネラルなどを適度に補充して、健康面もしっかりと考えられたお水になっています。
ウォーターサーバーの魅力は、レバーを引くだけで、冷たいお水と、温かいお湯がすぐに出てくるという点です。お湯の温度は、サーバーによっても若干異なりますが、大体が70度から80度程度です。
この温度は、お茶などを入れるときにも適した温度です。
また赤ちゃんのための、ミルク作りにも使える温度なので、赤ちゃんのいる家庭から、大人だけの家庭まで、幅広いライフスタイルに対応することが出来ます。
小さな子供のいる家庭でも、安心して使えるように、サーバーのお湯のレバーには安全装置が設置されています。お水用のレバーとは異なり、ロックが掛かっているので、すぐにお湯が出てこないという安心があります。
サーバーのサイズもすっきりとしていて、お部屋においても邪魔にならないような設計になっているだけでなく、デザインもおしゃれになっています。 大容量のボトルで、気軽にお水を使うことが出来るので、飲料水としてだけでなくお料理にも活用してみましょう。
お水によって味が変わってきます。