天然水が飲める安全性

天然水が飲める安全性

安全な水

ウォーターサーバが家にあるといつでも安全な天然水が飲めるということが最大のメリットですが、そもそもウォーターサーバーの機械は本当に安全なのでしょうか?
考えられるのは、細菌が入ってしまうことや、サーバーの劣化ですよね。これらの安全性をクリアしたウォーターサーバーを選ぶことがポイントです。
まずは、そもそものお水です。一時的な検査をクリアしたからといって安心は出来ません。定期的にその会社が水の検査をしているかどうかも調べて下さい。そしてサーバー内に空気が入りにくい構造がどうか?です。空気が入ればウィルスも増殖します。真空タイプのものか、サーバー内で水の殺菌をしてくれるものを選びましょう。
それから、最新のものにはついている機能ですが、クリーニング機能があるかどうかです。水やサーバー内を殺菌してくれる機能があれば、いつでもミネラル豊富な天然水を飲めることが出来ますね。安全性を確保したら、あとは使いやすさです。ボトルは軽量の方が膝にも負荷がかかりませんし、取替えも楽です。赤ちゃんのミルクにもすぐに使える水がどうかも子育て中のご家庭では大事なことですよね。
水道水では殺菌しなくてはならなかった面倒な手間も、ウォーターサーバーがあればなくなります。自分で譲れない条件を決めて、各社の比較をしてみましょう。

安全なお水を

水道水の水が直接飲める国は、世界広しといえどもまだ15カ国しかありません。日本の水道水は塩素で消毒されているので口に出来る水なのですが、塩素は人間の体には有害な物質なので、ろ過器を取り付けたりしてそのまま飲む人は少ない現在でしょう。
水を汲んで火を通して消毒し、使う。今まではそうやって過ごしてきたのですが、現代にはウォーターサーバーという便利な機械があります。ウォーターサーバーに使う水はRO水と天然水の2種類ありますが、徹底的にろ過して人工的にミネラルを足している水か、地下水などをくみ上げて使っているかのどちらかです。様々な企業がたくさんのウォーターサーバーを出しています。
サーバー代や水代、そしてその水の使用用途、例えば料理に使いたいのか直接飲むために使いたいのか、などを先に考えてから各社を比較してみてください。
高いからといってあなたにあうとは限りませんし、安いから悪いということでもないのです。
家の中でいつでも赤ちゃんから使えるような安全な、水、そしてお湯が好きな時にすぐに飲めるというメリットにいくらなら支払うことが可能ですか。ボトルの大きさや使用後の問題なども含めて、検討するさいには一度じっくり考えてみてください。

マタニティの方でも安心して飲める

マタニティの方でも安心して飲める

ランニングコストが低いウォーターサーバー

ウォーターサーバーのメーカーはたくさんありますが、その中でもクリクラはマタニティの方でも安心して飲めるお水なのが魅力です。
クリクラは、業界では最大手のウォーターサーバーメーカーなので、その名前を聞いたことがある人も多いでしょう。クリクラで使用しているお水は、逆浸透膜型サーバーでキレイに濾過されたお水なので、安心して飲むことができます。
さらに味にもこだわりを持っているので、キレイに濾過されたお水に、数種類のミネラルを加えた、柔らかい口当たりのお水になっています。天然水のような飲みやすさと、軟水なので子供やミルク作りにも使うことが出来るので、ママにも便利なお水です。
クリクラでは、ウォーターサーバーのレンタル料も、ボトルの宅配料も無料なので、ランニングコストが低いことも魅力です。ボトルの宅配が無料なので、スーパーなどで重い思いをしながら持ち運ぶこともないので、より手軽にきれいなお水を使うことができます。大型のボトルは容量がたっぷりなので、飲料水としてだけでなく、お料理にも使いやすいというメリットがあります。
きれいなお水は、お料理に使うと味が変わったり、見た目も変わることがあります。お茶なども味が変わるので試してみると良いでしょう。

赤ちゃんのいるママにおすすめ

ウォーターサーバーは赤ちゃんのいるママこそおすすめのアイテムの一つです。赤ちゃんがいると、食べるものや飲むものに気を付けていきたいものです。
口コミなどをチェックしても、クリクラのウォーターサーバーは、赤ちゃんのいるママからも支持されているメーカーです。クリクラのプランにはいくつかのタイプがあり、宅配ペースやボトルの数なども、ライフスタイルに合わせて、自分に合ったプランから選択することができます。
初めて利用する場合には、お試しキャンペーンなどもあるので、利用してみると良いでしょう。クリクラのウォーターサーバーは、お湯の温度が75度程度の設定となっています。
そのため、赤ちゃんのミルク作りにもすぐに使うことが出来るのも魅力です。赤ちゃんのミルク作りには、適した温度のお水とお湯の両方を使う必要があります。
ウォーターサーバーであれば、お湯も水も両方を手軽に利用することが出来るので、赤ちゃんのお世話にも非常に便利です。また、小さな子供がいる家庭でも安心して使えるように、お湯のレバーには安全ロックが掛かっているので、誤ってお湯を出してしまうという心配も軽減することが出来ます。
自宅に設置しておくだけで、きれいなお水を気軽に使うことが出来る便利なアイテムです。

赤ちゃんのミルクを作るのは安全?

赤ちゃんのミルクを作るのは安全?

安心して使えるウォーターサーバー

赤ちゃんは、内蔵機能が未熟なため、ミルクに使うお水にも注意が必要です。多くのママは、出産後、クリニックや母親教室などで調乳指導を受けてきます。
そこでも、紹介されていることが多いのですが、赤ちゃんのミルク作りには、スーパーなどで販売されているミネラルウォーターをそのまま使用したり、水道水を直接使用することは好ましくありません。
ミネラルが多く含まれていると、赤ちゃんに負っては過剰摂取となってしまうので、内蔵への負担が大きくなってしまいます。
また水道水は、消毒された状態になっているので、一度煮沸を行う必要があったり、ママへの負担が大きなものになってしまいます。赤ちゃん用のお水も販売されていますが、割高なのでランニングコストを考えると、購入し続けることが出来ない場合もあります。
このような問題を解決できるのが、ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーのお水は、メーカーごとに処理の仕方や、軟水・硬水とお水の硬度がことなります。赤ちゃんには軟水でミルクを作ってあげると良いでしょう。
また、重いボトルは無料で宅配されるので、小さな子供や赤ちゃんのいる家庭でも、手軽に利用することが出来るというメリットがあります。
調乳にも安心して使えるので便利です。

天然のお水が飲める

ウォーターサーバーから出てくるお水は、天然水をきれいな状態に処理をしたものです。天然の栄養だけでなく、不足しているミネラルなどを適度に補充して、健康面もしっかりと考えられたお水になっています。
ウォーターサーバーの魅力は、レバーを引くだけで、冷たいお水と、温かいお湯がすぐに出てくるという点です。お湯の温度は、サーバーによっても若干異なりますが、大体が70度から80度程度です。
この温度は、お茶などを入れるときにも適した温度です。
また赤ちゃんのための、ミルク作りにも使える温度なので、赤ちゃんのいる家庭から、大人だけの家庭まで、幅広いライフスタイルに対応することが出来ます。
小さな子供のいる家庭でも、安心して使えるように、サーバーのお湯のレバーには安全装置が設置されています。お水用のレバーとは異なり、ロックが掛かっているので、すぐにお湯が出てこないという安心があります。
サーバーのサイズもすっきりとしていて、お部屋においても邪魔にならないような設計になっているだけでなく、デザインもおしゃれになっています。 大容量のボトルで、気軽にお水を使うことが出来るので、飲料水としてだけでなくお料理にも活用してみましょう。
お水によって味が変わってきます。

災害時の備蓄にもなる

災害時の備蓄にもなる

災害時の水

ウォーターサーバーに使用しているお水は、天然水が元となっているものが多いです。安全性を高めるために、適切な処理をして、味にもこだわって作られているお水です。
ボトルに入れられる時には、雑菌などもしっかりと処理された状態なので、長期的な保管も可能です。正しく専用サーバーにセットすれば、注ぎ口が外気に触れることもないので、細菌の繁殖や汚れを防ぐことができます。
自宅に導入することも可能なので、飲料水としてペットボトルの購入をしている人は、ウォーターサーバーへの切り替えも検討してみると良いでしょう。
大型のボトルは、容量も大きく、ペットボトルと比較しても必要量のストックを省スペースで行うことができます。災害時に向けて、お水のストックをしている家庭も多いと思いますが、一般的な4人家族で必要なお水の量は、想像以上に多いものです。
ペットボトルでの管理は、スペースが必要になったり、定期的に買い替える必要があるという手間がかかります。ウォーターサーバーであれば、大型のボトルが届くので、管理に場所が必要ありません。
また、利用しながら備蓄が可能なので、買い替えの手間や、期限の管理なども必要ないので、いざという時にも活用できるものとなります。

飲める天然水の比較

ウォーターサーバーで飲めるお水の原料は、天然水が多いです。天然水は、自然の力によって有効成分が多く含まれているので、体にも良いものが多いです。
しかし、天然水をそのままの状態で飲むと、雑菌が多く入っていたり、保管がしにくいというリスクがあります。
天然水の良いところを残しつつ、雑菌や汚れをきれいにした状態にしたものが、ウォーターサーバーやペットボトルで販売されている天然水です。
さらに、ウォーターサーバーでは、不足してしまっているミネラル成分などを補充して、口当たりも考えて処理しています。そのためペットボトルのお水よりも、より飲みやすく、体への影響も良いものとなっています。メーカーによってお水の処理の仕方は、さまざまです。煮沸消毒や、濾過による処理、薬品による消毒があります。
それぞれの消毒には、メリット・デメリットがありますが、体への負担や味を考えて作られているお水は、限られています。
ウォーターサーバーでは、安全性が高く、また飲みやすいように工夫されたお水が、気軽に低価格で利用することができます。レバー一つで、冷たいお水と温かいお湯が出てくるので、家事も非常に楽になるでしょう。
上手に活用することで、家事の負担も軽減できます。