ウォーターサーバー各メーカーのお水の値段を比較

ウォーターサーバー各メーカーのお水の値段を比較

美味しくて安全なウォーターサーバーを安く設置したい

いくら日本の水道水が安全だと言っても、田舎で美味しい水に慣れてしまっていると、やはり都会の水道水が口に合わない人もいるでしょう。

コンビニなどで天然水を気軽に購入できる現代ですが、価格のことを考えると割高になってしまいます。そこで利用したいのが、ウォーターサーバーの利用です。

ウォーターサーバーは贅沢品だという人もいますが、ペットボトルの水を購入するよりお得で、ゴミも少なくて済むため、環境にもやさしいとも言われています。
定期配送の注文をしておけば、無くなったと慌てて買いに行く必要もありません。ボタンを押したりコックをひねるだけで、冷たい水も温かいお湯も出てくるため、とても便利でもあります。

そんなウォーターサーバーですが、水の料金を調べてみると意外に開きがあることに気が付きます。

1Lあたりに換算すると、100円を切るものから200円を超えるものまで様々です。同じメーカーの水であっても、店頭とウォーターサーバーで料金が異なる場合もあるのです。
ただ、ボトルの安さだけでレンタルを決めてしまうことは危険です。
他にもかかる維持費があるからです。

選ぶ際には、全体的にかかるコストも計算しておくことが重要です。

天然水でもウォーターサーバーのレンタルが無料のメーカーもある

ウォーターサーバーにかかる水以外のお金には、サーバーレンタル料や配送料があり、それにサーバーの電気代も考慮する必要があります。

例えば、ボトル代が高く設定されていても、サーバー代が無料であれば、ひと月にかかる金額は少なくなる可能性もあります。

また、ウォーターサーバーは、常に電源を入れておく必要があり、電気ポットのように電気代がかかってしまいます。
ひと月の電気代を比較してみると、300円~1000円といった開きがあるのです。サーバーレンタル代や電気代は毎月のことですから、長く使用すればその差は大きくなります。

その他にも、水の種類も大きくわけて2種類あります。

ミネラルが豊富な天然水と水道水に近いRO水です。水の使用目的や味にも違いがあるため、自分にあった水を選ぶことも大切です。
ミネラルたっぷりの美味しい水が飲みたいということであっても、サーバー代無料となっているメーカーもありますから、いろいろ比較してみるといいでしょう。

そして忘れてはならないのが設置場所です。ウォーターサーバーはかなり大きめサイズとなるため、置く場所の確保は大切です。

きちんとサイズを測り、安全な場所に設置しましょう。